【血液型別性格ーB型】宝石に例えるとルビーダイアモンド!まったく新しい視点で性格を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな解説がされている血液型占いですが、

ここでは、今までとは違った視点で、

各血液型をそれぞれ2つずつの宝石に例えて、

その性格を説明しています。

それがなんと!その宝石の性格の特徴と似ているところがいっぱい!

あなたは、なんの宝石ですか?

【血液型別性格ーB型】キラキラ輝く宝石に例えた時、まずはルビーの解説から

 【B型】を象徴する宝石は、
ルビーとダイアモンド。
ルビーと言えば、
そうあの色が目を引きます。

赤というだけで、情熱的なイメージがしてきますが、
色の持つ意味としての赤は、
物質的なもの、現実的な行動など
目に見えるものを表します。
また、生命力に溢れ、興奮を誘います。

【B型】は、狩猟をする地域に多くなったと言われています。
この狩りをする時に大切なのは、
なんといっても、
とにかく行動することですよね。

もし、
「昨日、ここに狩りに来たけど、何も捕れなかったな」とか、
「先週から、あんまりうまく狩りができてない。
自分は、狩りに向いてないのか。。。」

なんてことを考えてしまったら、
「よし!今日も狩りに出かけるぞ!」なんて気持ちがなくなりますよね!

だから!!
【B型】さんの頭の中は、
過去のことよりも、
未来へ強く向くようになっているんです。
「昨日、狩りがうまくいかなかったからって、
今日もダメだとは限らない!
よし!頑張るぞ!」
となる訳です。
考える時間があるなら、
行動!行動!です
そこで、ちょっと比べたいのが、
【O型】の人と【B型】の人が
行動的になる時の違いに注目してみます。

【O型】の人は、
太陽の色の宝石と表現できるように
明るくはっきりした目標が出た時に、
俄然行動的になります。

この目標を達成するために、
猛烈に頑張ることができます。

それに対して【B型】の人は、
逆に今後どうなるかわからない!
という状況になると
行動的になれるのです。
計画なんてものはなくてもいいんです。
わからないから、おもしろい!となる訳です。

これが周囲の人から見ると、
危なっかしくて、
行動が謎で不思議だと言われるところの
原因なのではないでしょうか?

今まで経験したことがないことに
不安を抱くのが【A型】の人だとすると、

今まで経験したことがないことだからこそ!
トキメク!

それが【B型】の人の強さです!

そんな根拠のない行動をする【B型】さんですが、
どこか本人は自信満々に見えたりします。


【血液型別性格ーB型】キラキラの宝石ダイアモンドに長所と弱点が隠されている!

その理由は、
実は【B型】さんを象徴する宝石
ダイアモンドの特徴をみるとわかるんです!

【A型】さんも【B型】さんも
それぞれの独特の強みは、
【パール】と【ダイアモンド】という
もうひとつの宝石の性質に多く表現されています。

そこで、ここから、ダイアモンドについて!

B型さんのもうひとつの特徴であるダイアモンドは、
現在知られている宝石の中では、

一番硬い石として良く知られています。

その昔、見つかっても硬すぎて加工ができないため、
その石の価値がわからなかった時代もあったほどです。
そして、この硬さこそ
【B型】さんが、他からの影響を受けないイメージと重なります。

「私は、私!
他の人がどうしてるかなんて、
どうでもいいの!
私には関係ないことなの!」
自分の考え方、やり方のすべてが完璧!
(この完璧!っていうのがぴったり来ない人は、
「他の人のマネなんてしたくない!」
って感じ)

と、ダイアモンドらしくキラキラ自分らしく輝きます。

なんて、やや大げさですが、
こんな部分が【B型】さんらしさ。

ただ、そこを独特さとオリジナリティ溢れる性格として表現することができ、
周囲の人達とうまくコミュニケーションを取っていけるか
もしくは、自分勝手や独りよがりになって、
周囲の人達を困らせてしまうことになるかは、
常日頃から、

自分の行動をなるべく振り返ってみることで、
調整する必要があり、
それを習慣にする方がお勧めです。
(振り返るのが苦手だと、ここでも書いてきたのですが、 たまにでいいので、振り返ることはトレーニングすればできます!)

 

重ねて言ってくと、
この性質は変えられません。
なぜなら、それが自分を作っている個性だから。
そこに自信をもっていいのです。
でも、この性質をどう生かすかが、
とても大事です。

それを変えることは、
いくらでもできるんです!!

これは、どの血液型
(どんな占いでも同じですね)でも言えることですが、

自分の持つ性質は、クセみたいなもので、
知らず知らずに
自分では無意識にやってしまう行動なので、

自分がそれに対してできることは、

そのクセの出し方を工夫することしかないのです。
自分の持つ性質を知って、

愛してあげて、

その上で、どう生かしていけば、
今の自分の所属するコミュニティーでは
活かされていくのかを考え、

探して、変化やチャレンジをしていくことが
大切です。
それには、色をヘルプとして使うことが、とても効果的ですが、その話は、別の章で。。。

では、話をダイアモンドの性質に戻して。。。
実は、あまり知られていないかも知れませんが、
最も硬い石のダイアモンドですが、
そんなダイヤモンドにももろい部分が一か所あって、
その一点・特定の場所をめがけて
一撃をくらうと、
木端微塵に砕けてしまうんだそうです。

これが【B型】さんのどんな部分に表れるかというと。。。

普段は傷つくことなんて、全然ない
何を言われても
右から左へ聞き流せるし、
へっちゃら~

っていうのが、基本的なB型の人。
でも、
(その人それぞれ、その特定の部分は違うけれど)
密かに隠し持っている部分への一撃で

バラバラ
になってしまうという弱点があるんです。

それが、あまりにも普段は表面にでないいため
本人ですら気付いていない部分であることも、
しばしばあるほど。

だから、ここが傷つくと、
もうダメージは半端ないです。
滅多に傷つくことがないから、
傷ついた時には、
立ち直るのにすごく時間と気力が必要。

慣れてないんです。。。
傷つくことに。。。

いつも傷つきやすさを抱えてる【A型】さんとは、
やっぱり真逆。

だから、傷ついた時の【B型】さんには、
気をつけてあげましょう。

普段からは、考えられないような、
繊細な一面を見せることも珍しくないので。
立ち直り方がわからなかったりしますから。

といっても!
まぁ、ほとんどないんですけどねー
なんか、傷つく気分になる出来事がない
訳じゃないんですけど、

すぐに忘れちゃう。
それって、本当の意味では傷ついてるとは言えないですよね。
なんてったって、ダイアモンドですから!
宝石の王様です。
プライドもピカ一なので!
優しくしてあげる時は、
できるだけ本人のわからないように!

一番いいのは、近くでそっと見守っててあげる、
そんなことかもしれません。笑っ

時間はかかりますが、
自分のやり方しか受け入れないタイプなので、
必ず自力で立ち直ってきますから。
そんなちょっと面倒くさいところがかわいいのが【B型】さんです。

まとめ

赤のイメージから、現実的な行動が長所のB型の人。

そこに計画性がない行動力かもしれませんが、とても大事な長所です。

出し惜しみしないで、どんどん発揮していきましょう。

また、輝いているときは、ダイアモンド的なキラキラした輝きの強気の裏に隠された、うっかりすると木っ端微塵になってしまう傷つきやすさもあるのは事実。

それが壊れてしまって、せっかくの行動力を発揮しなくなってしまわないように、

どんな状況でも、チャレンジし続けましょう。
傷ついたら、また立てばいいんですから!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

>