悩むと考えるの違い知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【悩むって?】

実は、悩むってどんなことか、

あんまり考えたことがないかもしれませんね。

実は【悩む】時って、自分が一人だけでする行動ではないことが

ほとんどなんです。

「どういうこと?」

ってなっている人もいるかも!

とかく、人は、何かを変えるとき、変えたいとき、

自分以外のものを変えようとします。

で、ほとんどの時、そのことに無自覚です。

感覚でいうと、「~だったらいいのになー」とかってやつです。

実は、これが【悩む】に繋がるんです。

【悩むと考えるの違いは?】

はい、では、「考える」って、どういうのでしょうか?

実は、「考える」のは、

基本的には、自分のする行動について思考するんです!

「〇〇するには、どうしたらいいかな?」

って、自分の行動を思考しています。

「〇〇を~させるのには、どうしたらいいかなー?」

これとは、ずいぶん違うことに、お気づきですか?

【これを間違えると、実現しない!】

「〇〇を~させる」という中には、自分ではない、

【何か】【誰か】

を変えさせたいという気持ちが隠されています。

でも、現実的に、「自分」が変えられるのは、「自分」だけです。

「そんなことは、わかってるよ!」

なんて声が聞こえて来そうですが、わかっているのに、
悩んでるときないですか?

それは、実は、自分だけの行動ではなく、【誰か】や【何か】の
変化を求めていることのサインなんですよー!

【悩んでるな】と

そう感じた時には、まずは深呼吸!

一旦、自分の求めているものに、自分以外の人が関わっていないか

チェックしてみましょう。

方法は、簡単ですね。
誰かの判断を待っているときも、これに入りますよ!

そして、もしも、誰かが関わっていることを「悩んで」いたならば、

一度、ここで手放します。

なぜなら、今のこの時点では、あなた一人では、
解決できないからです。

でも、何もしないわけでは、ありません!!!
(ここ大事!!!)

この中でも、自分が、今取り掛かれることがあるはずです。
(なければ、一旦、これは、脇へ置いとくこと!)

で、発見した、今日、自分ができることに
全集中すること!!

これを、「考える」と言います!

なんとなく、もやもやする時は、

これがはっきりしていなかったり、他人がからんでいることを
考えているからじゃないですかー?

まずは、思考を整理してみましょう!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

>